Tadzungaira(タズンガイラ)共演エントリーフォーム


“音の流星群-ジンバブエのムビラ~ガリカイ・ティリコティジャパンツアー2018″では、
ライブで1曲、Tadzungairaの合奏に参加していただく事ができます。
世界トップレベルの奏者と共演します、
ピアノやギターなど他の楽器では、何十年も修行しないと叶わないような夢の舞台です、
ガリカイ氏の好意により実現します。
ぜひとも挑戦してください!
今回のタズンガイラ共演に向けて練習することにより、実力はとても上昇すると思います。
今後のムビラ演奏、ムビラ合奏に活かしていただく有意義なものにしていただければ幸いです。

まずは、
下記の事項を読んでエントリーフォームよりご応募ください。

資格

●ネマムササ(ニャマロパ)チューニングのB♭、
もしくはガリカイ・ティリコティ制作のハイ(ロウ)マホロロチューニング、
マベンベチューニングのムビラを持っている事。

●ライブ前にガリカイ・ティリコティによる演奏テストがあります。そちらを通過された方。
(お客様の前で演奏するプロの演奏に加わる事になります。
練習して入念な準備をお願いします。
全ての方に加わっていただきたい気持ちは山々ですが、
全体がバラバラになり曲が失敗してしまう事は許されません。
なるべく演奏に加わっていただけるようテストすると思いますが、
スピードについてこれない、演奏が走る、早くなったり遅くなったりしている、合奏音が合っていない、など、
合奏に参加するのは難しい、と判断された場合、
残念ながら参加不可となる事もありますのでご了承ください。)

練習のポイント

●合奏のスピードについてこれるようにしておく。
●だんだん自分だけが早くなっていく事がない、ようするに走らないようにしておく。
(走る奏者がいると全体の合奏がバラバラになります。
スピードコントロールはガリカイ・ティリコティが行うので、
スピードコントロールを他の奏者が行わず、
全ての奏者がガリカイ・ティリコティのスピードコントロールに従ってついていく事が大切です。)
●一つ一つのキーを打つタイミングが、早くなったり遅くなったりしないようにする。
(それに惑わされて、まわりの奏者が走り出す原因となります。)
●万が一、演奏中に迷っても、一旦、停止して、再度、合奏に入る事ができるようにしておく。
(誰かが間違ったまま演奏し続け、
その音で他の奏者たちが演奏できなくなり、みんなの演奏がストップする事は避けなければなりません。
もし、間違った!と思ったら、その時点で自分だけ止まり、また再度、合奏に加わる事が大切です。
そのため、一旦、自分の演奏を止めても、再度、合奏に入れるようにしておいてください。)

確認事項

演奏はデゼにムビラを入れて演奏します、デゼをご用意ください。
他のお客様と同様にライブ入場料、ドリンク代が必要な場合はドリンク代をお支払いいただきます。
出演の記念に、友達などに頼んでカメラやビデオで撮影いただいて大丈夫です、
しかし、フラッシュを何回もたいたり、
ビデオを撮るときに他のお客様の視界を遮ったりしないよう心がけてください。

練習音源

本番では、この映像と同じような合奏音、スピードとなります、こちらの映像で練習してください。

共演不可のライブ(これらのライブ以外は共演可です)

8/5~8/7 はこだて国際民俗芸術祭
8/26 浜松市楽器博物館
9/1 Under
9/7 サラ・シャンティ
9/8 民族楽器コイズミ
10/21 ライブマジック
10/28 カラバッシュ

ライブスケジュール
http://www.mbira.jeez.jp/garikayitour2018

エントリーフォーム

上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。
(確認画面は表示されません。)