チューテ・チガンバ(Tute Chigamba)


チューテ・チガンバ

1939年ジンバブエのグルヴェ(※1)地方生まれ

トーテムはヒヒ

昔から知られるムビラ奏者。

その名はジンバブエ全土で有名で、
その生涯の中、さまざまな有名なムビラ奏者たちと演奏してきた。

伝説のムビラ奏者の1人である。

セクル・チガンバ(チガンバおじいさん)の名で親しまれている。

チューテ・チガンバ氏インタビュー

ムビラの歴史

質問:あなたは何才ですか?

76才です。

応答:オーケー、あなたは若いですね。76才には見えません。

ワーオー

質問:あなたは大分、昔に生まれたのですね。
あなたが育った時期、
その時期は大変な時代ではなかったですか?

そうですね、大変でした、人々は貧乏で。

質問:ムビラを演奏する事は許されていたのですか?

我々は、ハラレ(※2)ではないところで、
白人がいないところで、日常的にムビラを弾いていました。

時には白人がいるところでも弾く事もありました。
すると白人が尋ねます「それは何ですか?」と。

そして「これは楽器です。」と答えます。

しかしハラレでは、
ムビラを演奏する儀式をする事は、
他の場所に比べて難しかったです。

なぜなら、
都市管理局が、彼らが、そのための許可状を必要としていましたから。

なので、
(儀式の場に)警察がやってきた時には、
彼らは、何をしているのかを確認して、
その儀式のための許可状を確認します。
そして「オーケー、あなたは許可されている。」
と言います。

質問:儀式をするために許可状が必要だったのですか?

そうです、大変な時代でした。
でも、田舎に行けば、許可状が無くても儀式ができました。
警察が来るのは、1、2ヶ月後なので、
儀式の全てをする事が出来ました。

しかし、彼らは、儀式をする事を、
悪魔を崇拝している、と言って、
あなたたちは教会へ行くべきだ、と言って、
望んでいませんでした。

しかし、今、現在、私たちは自由になりました。
人々は儀式をしています。
そして、教会に行ったりもしています。

応答:ん~、それは良くない事ですよね。

ハッハッハッハッ、
我々は、あの頃と同じ事をしている。
今、人々は教会に行っている。

応答:なぜ!?

ハッハッハッハッ
我々にもなぜかは分からないです。

これが、私たちがどのように育ってきたか、
という事です。

あと、我々は、7才になるまで学校に行く事を許されていませんでした。

10才や12才になると学校に行く事ができた、
という感じでした。

ムビラとの出会い

質問:あなたはグルヴェで育ったのですよね。
グルヴェにはたくさんのムビラ奏者たちがいたのですか。

そこにはンジャリ(※3)奏者たちがいました。
彼らはムビラを持っていませんでした。

たくさんの人たちがンジャリを演奏しました。

質問:今も、グルヴェにはンジャリ奏者たちはいるのですか?

はい、います。たくさんではありませんが。
私は1人だけ、知っています。
彼は、私の母親の兄弟です。
2人いましたが、1人はもうすでに亡くなり、
1人だけンジャリを演奏します。

質問:あなたはどのようにしてムビラと出会ったのですか?

私はグルヴェで成長し、
そしてハラレにやってきて、
働きはじめました。

私がハラレにやってきたのは1962年でした。
そして1966年に、
私はムビラを演奏する人々と会いました。

チウォタ(※4)から来ている人たちで、
毎週末、ムビラの儀式をするために、
ハラレにやってきていました。

私は、その時は、ムビラを演奏していませんでしたが、
ただ、私は「これを演奏できると思う。」と彼らに言いました。

彼らは「もしあなたが学びたいならいいですよ。」と言いました。

私はムビラを学ぶ事に挑戦しました。
それは私にとって難しい事でした。

私は「あなたの指はとても早く動く。
私にはそんな事が出来るとは思えない。」と言いました。

しかし、
私がハラレでムビラの儀式に行き始めるようになると、
全てのムビラの曲が、私の心に入ってきました。

そして、私は言いました。
「どこでムビラを手に入れられるのですか?」

すると1人の男が言いました。
「兄弟よ。私はムビラを作っている。」

彼はムレワ(※5)からやってきた男でした。

彼はさらに言いました。
「25セントを曲のために払いなさい。」

質問:1曲ですか?

1曲です。私は、そのためにたくさんのお金を使うことが出来なかったのです。

ムビラを買った時、
私は彼のムビラを演奏する音を録音しました。

そして、そのオーディオテープを使って演奏するキーを発見しました。

そして、もう1つ、バンダンビラのグループが録音した音源がありました。
彼は伝説のムビラ奏者の1人です。
彼らは1963と1964年にレコーディングをしていて、
毎週水曜日の朝、
ラジオからバンダンビラのムビラの音が流れてきました。

私は、朝、ラジオを聴き、
その録音の音源を聴いて間違いを正していきました。

それから、私は彼のように演奏し続け、
今でも、彼のように演奏しています。

セクル・ゴラとムビラ

そして、1985年にセクル・ゴラが、
私にガンダンガチューニングのムビラを紹介しました。

(チューテ・チガンバが、持っているガンダンガチューニングのムビラを私に見せて。)

これはとてもよいチューニングです。
私は彼と同じチューニングを制作しています。

今、私はこのチューニングのムビラで新しい曲を持っています。

もし、私が儀式に行った時には、
私はこれらの新しい曲を好んで演奏します。
これらの曲は、精霊たちからも、良い曲だ、と認められています。

質問:あなたは新しい曲を持っているのですか?

はい、私は新しい曲を持っています。
少なくとも7曲は、7曲以上は持っています。

質問:それはあなたの創作曲、という事ですか?

そうです。

質問:あなたがその曲を演奏すると、精霊たちがやってくるのですか?

はい、やってきます。精霊たちは、この新しい曲を好んでいます。

質問:ガンダンガチューニングは、セクル・ゴラがあなたに紹介したのですか?

はい、それは1985年でした。

私は、セクル・ゴラの持つムビラを弾き、
「これは何のチューニングですか?私はこのチューニングの音が気に入りました。」
と言いました。

私はそのムビラでいくつかの曲を弾いてみました。

それを見て、セクル・ゴラは言いました。
「私のガンダンガチューニングを演奏できる人に始めて会いました。
人によっては”これは良くないチューニングだ。”と言う人もいる。
しかし、あなたはガンダンガチューニングを演奏している。」

私は、当時、セクル・ゴラと一緒によくニャマロパチューニングを演奏していました。

しかし私は、セクル・ゴラに言いました。
「私は、あなたが持っているガンダンガチューニングと同じ、
自分のガンダンガチューニングを作らなければならない。
そして一緒にガンダンガチューニングで合奏しよう!」

そして、我々はガンダンガチューニングで合奏するようになりました。

セクル・ゴラはガンダンガチューニングについて、
こう語っていました。

「私は、ガンダンガチューニングを葬式で発見しました。
人々は葬式で泣きます。
その時、私は、ニャマロパチューニングで演奏していましたが、私が演奏するニャマロパチューニングの音が合っていない、と感じていました。
だから、私は、私のムビラをガンダンガチューニングにチューニングしました。
そして演奏すると人々はもっともっと泣きました。
そして演奏しながら歌うと、
人々はもっともっと泣きました。」

彼は、そのようにガンダンガの物語を話しました。
今、ガンダンガチューニングは有名になりました。

人々はガンダンガチューニングが好きです。
このチューニングはとても良いです。

人々はこのチューニングをガンダンガと呼びます。
なぜなら、あなたがこのチューニングを演奏している時、
人々は興奮し、
人々はとても強くダンスするからです。

人々はガンダンガチューニングが好きなのです。

質問:その当時はガンダンガチューニングは有名では無かったのですか?

ええ、有名では無かったです。
1985年から人々は演奏し始めたのです。

1985年の当時は、ガンダンガチューニングはセクル・ゴラからの
新しいチューニングだったのです。

質問:セクル・ゴラがガンダンガチューニングを発見したのですか?

はい、彼が葬式での人々の泣く声から発見したのです。
彼はその、人々の泣き声を取り上げました。
それが、彼がガンダンガチューニングをチューニングした方法です。

ムビラの起源

質問:ムビラの起源について知っていますか?

人々は岩と海から音を得ました。
彼らはそれらの音を取り上げムビラのキーの音にしました。

そして6つのキーがあるカリンバを作りました。

そして、人々は、他のキーを追加していき、
21キーあるカリンバが出来上がりました。

そこから人々はンジャリやムビラを作りました。

今、15キーあるカリンバはジンバブエで、
学校や人々に広まっています

質問:あなたのいうカリンバ、というのは、
ニュンガニュンガ(※6)の事ですか?

そうです、カリンバが最初の名前でした。

ニュンガニュンガという名は、
ブラワヨに住んでいた男が、
モザンビークの楽器から名前を取って付けました。

ニュンガニュンガというものは、
28キーあるモザンビークの楽器です。

彼は、カリンバにニュンガニュンガという名前を付けました。

なぜなら、
彼はモザンビークで言うところの、
ニュンガニュンガをジンバブエで見かけなかったからです。

そして彼は、
大学で、15キーあるニュンガニュンガと名づけられたカリンバを教えました。

それが、
ニュンガニュンガの名前の起源です。

儀式について

質問:あなたは儀式の時、何かを考えたりしていますか?

私たちがムビラの儀式いる時、
そこには聖なるお酒があり、
私たちは精霊のために祈ります。

そして私たちは精霊に祈ることに集中します。
私たちは何も考えていません。

ただ、
考えることは、精霊が降りてきますように、と。

私は演奏し歌い、
人々は強く踊り、
全てのダンスは強く踊られ、
そして精霊が降りてきます。

ムビラの演奏について

質問:日本人に対して、
ムビラの演奏、またムビラの学び方などでアドバイスはありますか?

第一に、
これは家の音楽である、という事です。

あなたが、演奏したい、と思った時、
あなたが何かのストレスを感じていた時、
もし、あなたがムビラを取れば、
ストレスは無くなります。

もしあなたが、
言い合っている人々を見つけたら、
その人たちが喧嘩になりそうだったら、
そんな時、
もしあなたがムビラを弾いたら、
そこには平和がある状態になります。

彼らは静かになり、
そしてムビラの音色を聴きたくなります。

そしてその音を聴き、
彼らは言うでしょう。

「これはなんて素晴らしいんだ。
喧嘩はやめよう。」

私は、
人々がそのようにする事を奨励しています。

あなたが結婚し、
あなたが奥さんと問題があったら、
あなたは、どうしたらいいんだ、と考えます。
そして、ムビラを手に取り演奏します。

するとあなたの奥さんは近くに来て、
彼女はあなたの音を聴きたくなります。

そして喧嘩は終わるのです。

ムビラは全てをとめてくれます。

精霊に基づいた、
人々を平和にするものなのです。

全てを忘れてムビラを演奏するのです、
これは素晴らしい、これは素晴らしい、と。

サッカーのゲームを見ているようなものです。

人々がサッカーを見ている時、
そこにはストレスはありません。

ストレスは、
ゲームの後にやってきます、
あなたが応援しているチームが負けた時に。

しかし、
サッカーのゲームを見ている時は、
次はこうだ、
そうだ、次がこうだ、
と思いながら見ています。

そんなものです。

 

※1 グルウェ

ジンバブエ北部の村

※2 ハラレ

ムビラの地、ジンバブエの首都

※3 ンジャリ

ムビラに似た楽器。ムビラよりキーの数が多い。

ンジャリ

※4 チウォタ

ジンバブエ中央部に位置する村。

ガリカイ・ティリコティ、サムソン・ブレ、

エディソン・チヴェゼなどが育った地域でもある。

※5 ムレワ

ジンバブエ北部の村

※6 ニュンガニュンガ

ムビラよりキーの数が少なく、

ジンバブエの学校などで、生徒が授業で習ったりしている楽器。

ジンバブエの女性ミュージシャンはニュンガニュンガを演奏する事が多い。

スタンレイ・ムジュル制作(ニュンガニュンガ)

 

♪チューテ・チガンバ氏の演奏(ガンダンガチューニング)♪

ブラウザがファイアーフォックスの方はこちらから聴けます