ムビラ演奏者紹介


Musekiwa Chingodza(ムセキワ・チンゴーザ)


ムビラを代々演奏してきたチンゴーザ一族の末裔。海外から招待されるムビラ奏者として5本の指に入る、世界で有名なムビラ奏者。2017年来日した。2020年春来日予定。

Forward Kwenda(フォワード・クエンダ)

forward

精霊の声を奏でる、と、ジンバブエやアメリカで絶大な人気を誇る。2016年来日した。

Garikayi Tirikoti(ガリカイ・ティリコティ)

ムビラ奏者-ガリカイ・ティリコティ

世界トップムビラプレーヤーの1人。生きる伝説。 2013年、2015年、2018年来日した。

Sumi Madzitateguru(スミ・マズィタテグル)

sumi

愛媛県出身。18歳の時にはじめての海外旅行、タイへの1人旅を経験。
それを機に海外を渡り歩き、2007年8月、飛行機をほとんど使わず陸路
での世界一周を達成。この世界一周の途中、ジンバブエに住むショナ民
族が奏でるムビラという楽器に出会い、それから13年間毎年ジンバブエ
に通い修行を続けている。
現在、ジンバブエでのショナ民族が開催する儀式やアフリカのライブで
演奏し、台湾・日本でも演奏、またムビラの演奏法を教えている。
ショナ民族から、その歌声とムビラの音に精霊が宿っている、と信頼さ
れるムビラ奏者である。

Pasichigare Mbiras(パシチガレ・ムビラズ)

ムビラグループ-パシチガレムビラズ

アフリカ南部ジンバブエ、ショナの民族楽器「ムビラ」の
伝統(パシチガレ)を修行し、伝統を受け継ぐムビラグループ