ムビラ上達の秘訣5ヵ条


1.他の人がライブに出演する事になったら、
他の人が新しい曲を覚えたら、
他の人のムビラの演奏技術が上達したら、
“おめでとう!”と思う。
もしくは”おめでとう!”と伝える。

(お互い刺激しあう良いライバルが出来れば、
一緒に合奏する機会も増えるし、ムビラの技術が上達していく。)

2.一緒に合奏している仲間を思いやる。

(ムビラが他の楽器と一番違う点は
“同じ楽器で合奏する”という事を前提に曲がつくられている事。
合奏している仲間の良い点を見つけ、思いやってリスペクトする事で、
心が通じ合い、よい合奏ができるようになる。)

3.人には丁寧に対応する。

(人に丁寧に対応する事は、ムビラのキーを丁寧に叩く事にもつながる。
逆にムビラ1つ1つのキーを大切にして、丁寧に叩いて音を出すように心がければ、
自然と人に対しても、何事に対しても、人生全般において、丁寧に対応するようになる。)

4.楽しむ!

(楽しくもないのに何時間も練習していても、
成果はあがらず変なクセがつくだけ。
疲れたら練習を休んで、楽しめる時になったら、
思いっきり楽しみながら練習する。
そうすればどんどん上達する。)

5.ライブで演奏している時は、
来てくれた人たちに感謝して、
その人たちの幸せを願って演奏する。

(路上で演奏していて気づいた事。
路上で何も考えず演奏している時と、
道を歩いている人たちの幸せを願って演奏している時とでは、
入れてくれる投げ銭の量が違う。
人の幸せを願って演奏していると、
それが音にも出ているのだと思う。
ライブでは、心の底から、
聴いてくれている人たちに感謝して、
その人たちが幸せでありますように、
と願いながら演奏する。
そうすればムビラが自然と素晴らしい音を発しだす。)

【ムビラを弾く】

ムビラの音を聴くと、
こう思います。

“あんな音、自分にも出せたらいいな。
あんな曲、自分にも弾けたらいいな。”

ムビラを手に取り、
ムビラを自分で弾いてみると、
その音色に恍惚とします。

その音は、
とても不思議な音です。

公園で、
道端で、
飛行場で、
時間の合間にムビラを弾いていると、

「あの~、すいません。
それ、何っていう楽器ですか?」

と、
声をかけられます。

ムビラを長い間弾いていると、
その音に慣れてきてしまい、
ムビラの音が普通の音のように感じる時も
あるかも知れません。

それでもムビラは、
確かに、
とても素敵な音を奏でています。
ムビラのキーを1つ叩いて音を出すだけでも、
とても深淵で不思議な音を発しています。

ムビラの音に慣れてきたのかも知れない、
と思ったら、
人生ではじめてムビラの音色を聴いた、
あの、
みずみずしい心で
ムビラの音色を聴いていた時を思い出してみてください。

そうすれば、
自分が、とても素敵な音を出している事に気がつき、
あの感動がよみがえってくるでしょう。

ムビラの名手、ルケン・パシパミレは言いました。

「ムビラは1人で弾くものではない、2人で弾くものだ。
“あなた”と”ムビラ”、2人で弾くものだ。」

あなたがムビラが弾く時、
ムビラは、あなたに応えようと、
音を奏ではじめます。
ムビラは、それ自身がとても美しい音色を持っています。
ムビラを信じてムビラを弾いてみてください。

そうすれば、
あなたのムビラの音色は、
まわりをキラキラと照らし出すでしょう。