フォワード・クエンダジャパンツアー文字情報と写真


フォワード・クエンダジャパンツアーの文字情報と写真です。
ご自由にお使いください。

写真

 

フォワード・クエンダ

 

大きな写真(長辺1200ピクセル程度、容量700kbyte程度)

チラシなどを作るのに適しています。
大きな写真

中くらいの写真(長辺700ピクセル程度、容量80kbyte程度)

ホームページ掲載用に適しています。
中くらいの写真

小さな写真(長辺400ピクセル程度、容量50kbyte程度)

ホームページ掲載用に適しています。
小さな写真

ライブ・ワークショップ文字情報

~音の流星群・ジンバブエのムビラ~フォワード・クエンダ初来日ツアー

アフリカ南部・ジンバブエのショナ族の伝統楽器”ムビラ”。
ジンバブエ国内、そしてアメリカ・南米・ヨーロッパ・オー
ストラリア、世界各地にファンや生徒を持つフォワード・ク
エンダが初来日します。そして、現地ジンバブエでの精霊を
呼ぶ儀式やライブでムビラを演奏する日本人ムビラ奏者のス
ミ・マズィタテグルとMASAが共演。
はるか昔から語り継がれてきた芳醇で奥深いショナ族のムビラ
の伝統の歌を奏で上げます。
これまでに何度もアメリカツアーを実施し、ライブをする度
に、驚きと称賛の中、来場者の数がどんどん増えていったと
いうフォワードの演奏。「精霊の歌を奏でるムビラ奏者」と
も「古代の音色を奏でるムビラ奏者」とも形容されるフォワ
ードの音色、ぜひ体感してください!

ツアーの詳細はこちらで確認

ムビラ弾こうよ! http://www.mbira.jeez.jp/

 

プロフィール

 

フォワード・クエンダ(Forward Kwenda)

ジンバブエのショナ族の伝統をいまに受け継ぐ偉大な演奏家。
高さ2メートルを超す大きな鹿のような動物”エランド”をトー
テムに持つ。
ジンバブエ国内はもとより、アメリカ・南米・ヨーロッパ・
オーストラリア、世界各地にファンや生徒を持つフォワードは、
少年時代より「精霊の歌を奏でるムビラ奏者」として知られ、
様々な儀式に招かれてムビラを演奏してきた。2世代、3世代上
のムビラマスターたちと演奏できるフォワードの演奏を、人々
は次第に「古代の音色」と形容するようになった。
現在のショナ族のムビラ奏者たちの中には、フォワードの演奏
に影響を受けた者も多い。

Forward Kwenda is a great mbira player
who inherits the tradition of the Shona culture of Zimbabwe.
He has fans and students in the United States,
South America,Europe,Australia,Japan,all parts of the world as well as Zimbabwe.
He is known as “the mbira player who plays the song of spirits”.
Many mbira players have been influenced by the playing style of Forward Kwenda.

スミ・マズィタテグル(Sumi Madzitateuru)

sumi

愛媛県出身。18歳の時にはじめての海外旅行、タイへの1人旅
を経験。それを機に海外を渡り歩き、2007年8月、飛行機をほ
とんど使わず陸路での世界一周を達成。この世界一周の途中、
ジンバブエに住むショナ族が奏でるムビラという楽器に出会い、
”生きる伝説”と呼ばれるムビラ奏者、ガリカイ・ティリコティ
氏に師事する。その後、フォワード・クエンダ氏、フラドレッ
ク・ムジュル氏に師事する。
現在、ジンバブエと日本を行き来し、日本ではもちろんの事、
現地ジンバブエでもライヴやショナ族の儀式で演奏している。

Sumi Madzitateguru is a Japanese mbira player.
When he was traveling the world,he encountered the mbira and fell in love
with its beautiful, healing sound.
He has studied under Forward Kwenda, Garikayi Tirikoti and Fradreck Mujuru.
He plays mbira in live shows in Zimbabwe not to mention in Japan,
and traditional Shona ceremonies in rural Zimbabwe.

MASA(MBIRAZVAKANAKA)

masa

レコード会社に3年半勤務後、2000年に世界一周をめざして旅
に出る。アジアを陸路横断、アフリカ縦断中、ジンバブエでム
ビラに出会う。南ア・ケープタウンで菜食カフェの共同経営に
参加。その後、ジンバブエで8ヶ月のムビラ修行。帰国後バンド
結成し音楽活動開始、ムビラの教室、販売を始めて現在に至る。
過去5度に渡り、ジンバブエに滞在し、ルケン・パシパミレ氏、
ガリカイ家を中心に交流、伝統奏法を習う。ガリカイ家にてムビ
ラの作り方も教わる。ムビラの魅力を日本に伝えるべく演奏、
ワークショップ、販売などの活動を精力的に行っている。