ムビラとは


ムビラとは

ムビラとは、
アフリカのジンバブエ住む
ショナの人たちが太古から奏でてきた伝統楽器です。

アフリカ大陸はとても大きな大陸で、
日本の約80倍の面積があります。

広大なアフリカ大陸には、
様々な民族が生活していて、
それぞれが、特色のある文化、伝統を持っています。

アフリカ大陸の一番南には、
2010年にサーカーワールドカップが開催された国、
南アフリカ共和国があります。

南アフリカ共和国の南の端には、
1497年にバスコ・ダ・ガマが、
インド航路を発見する際に通過した喜望峰があり、
その周辺の海辺では、
野生のペンギンを見ることもできます。

その南アフリカ共和国の1つ北の国、
海とは面していない内陸の国、
それがジンバブエです。

ジンバブエ

ジンバブエにはたくさんの民族が住んでいますが、
人口の82パーセントがショナ、
と呼ばれる民族になります。

ショナは、太古の昔から、
ムビラを演奏して、
先祖たちの魂や自然に祈りを捧げてきました。

雨を降らすため、
病気を治すため、
仲が悪い家族の問題を解決するため、
冠婚葬祭、
彼らはムビラを弾いて精霊たちに祈り、
問題解決にあたります。
ムビラはショナの伝統において、
とても大きな役割を持っている楽器です。

今でも、ジンバブエに行くと、
さまざまな場所で、
ムビラを弾いて先祖に祈りを捧げる光景を見る事ができます。

ムビラとカリンバの違い

ムビラはジンバブエの楽器、
カリンバはマラウイやザンビア周辺の楽器です。

ジンバブエに行って、
ムビラを指差して、
“これはカリンバですね。”
と言うと、
“いいえ、これはカリンバではありません。ムビラです。”
と返答が返ってきます。

ムビラとカリンバは、違う楽器です。

それでは、なぜ、世界にカリンバ、という言葉が浸透しているのでしょう?

1970年頃に、
南アフリカのヒュー・トレイシーという会社が、
とても良いクオリティのカリンバの量産に成功しました。

その商品名は、楽器そのままの名前、
“カリンバ”
でした。

カリンバは、どんどん世界へと広まっていきました。
そして、今では、アフリカ人だけでなく、
アメリカ人、ヨーロッパ人、日本人、
世界中の国の人たちがカリンバを演奏し、
自分たちでカリンバを制作しています。

そのため、世界の人々は、カリンバのような形状を持つ楽器を全て、
カリンバ、と認識するようになってしまいました。

カリンバとムビラの違いは、
カリンバは即興的であるのに対し、
ムビラは、既に演奏方法が決まっているショナの伝統曲を弾く、
という事、
また、カリンバは娯楽のための楽器ですが、
ムビラは、ショナが精霊たちに祈るための楽器であり、
ショナの信仰と結びついている、
という違いがあります。

ムビラの起源

ムビラの起源は定かではありません。
岩の中から音が聞こえてきて、
その音をもとに制作された、という伝説、
河底に1台のムビラがあり、
それを発見した者がムビラの制作をはじめた、という伝説もあり、
深く探っていくと、
最後には彼らの神話の世界にたどり着きます。

また、ムビラにはたくさんの伝統曲がありますが、
誰が作った曲なのか、
いつ頃に作られた曲なのか、
分かってはいません。

いつの間にかそこにあり、
先祖のために人々が演奏していた楽器、
それがムビラです。

ムビラを習う、ということ

ムビラは聖なるな楽器ですが、
特定の人しか演奏したり、触ったりしてはいけない、
というものではありません。

ムビラを弾きたい、と思う人は、
ぜひ、ムビラを弾いてみてください。

ショナの人たちは、
ムビラを弾きたい、という感情が起こる事を、
“先祖の導き”と考えます。
そして、たくさんの人たちが、
ムビラを弾いて、楽しんで笑顔に、
幸せになる事を願っています。