ガリカイ・ティリコティツアー文字情報と写真


ガリカイ・ティリコティジャパンツアーの文字情報と写真です。
改行・編集など、ご自由にお使いください。

ムビラの写真

ガリカイ・ティリコティの写真

大きな写真

http://www.mbira.jeez.jp/profile/garikayi/big/garikayi1.jpg

http://www.mbira.jeez.jp/profile/garikayi/big/garikayi2.jpg

http://www.mbira.jeez.jp/profile/garikayi/big/garikayi3.jpg

http://www.mbira.jeez.jp/profile/garikayi/big/garikayi4.jpg

小さな写真

http://www.mbira.jeez.jp/profile/garikayi/small/garikayi1_s.jpg

http://www.mbira.jeez.jp/profile/garikayi/small/garikayi2_s.jpg

http://www.mbira.jeez.jp/profile/garikayi/small/garikayi3_s.jpg

http://www.mbira.jeez.jp/profile/garikayi/small/garikayi4_s.jpg

 

ライブ文字情報(ガリカイプロフィール含む)

~音の流星群・ジンバブエのムビラ~ガリカイ・ティリコティジャパンツアー2018~

人の運動能力は、ここまで成長するものなのか?驚くべきスピードでムビラを演奏するガリカイ・ティリコティ、その圧倒的な速さは、演奏している指の残像が見えるほどである。ムビラとは、ジンバブエのショナ人たちが、先祖に祈るために演奏してきた伝統楽器である。ガリカイは、幼い頃からムビラを演奏するショナの儀式に参加し、3歳の時にムビラを弾きはじめ、6歳の時には音階の狂ったムビラを調律して周囲を驚かせたという伝説を持つ、そして、高音域、中音域、低音域のムビラを同時に合奏する”ムビラオーケストラ”を確立した人物である。その多彩な音は、満天の星空のよう、音の洪水のよう、天上音楽のよう、と形容される。ガリカイ・ティリコティ率いるスミ・マズィタテグルと共に、ショナのムビラの音色が、アフリカのポリリズムが、音の流星群が会場を包み込む!

ツアーの詳細はこちらでご確認ください!

ムビラ弾こうよ! http://www.mbira.jeez.jp/

 

ワークショップ文字情報(ガリカイプロフィール含む)

~音の流星群・ジンバブエのムビラ~ガリカイ・ティリコティジャパンツアー2018~

アフリカ南部・ジンバブエの伝統楽器”ムビラ”を演奏する家系に生まれ、ジンバブエ各地での伝統儀式、アメリカ、オーストラリア、タンザニア、ヨーロッパ各地でムビラの演奏とムビラの普及のために精力的に活動を行ってきた音楽家、ガリカイ・ティリコティが2015年以来3度目、2018年に来日します!1回のワークショップで1曲弾けるようになります。アフリカの大地と癒しの音色を体感してみてください!

ツアーの詳細はこちらでご確認ください!

ムビラ弾こうよ! http://www.mbira.jeez.jp/

ガリカイ・ティリコティ(メディア、出演歴-日本)

InterFM Barakan Morning、ミュージックマガジン、Latina、はこだて国際民俗芸術祭(8月予定)、peter barakan’s live magic!(10月予定)
 

共演者のスミのプロフィール

スミの写真

大きな写真

http://www.mbira.jeez.jp/profile/sumi/big/sumi1.jpg

http://www.mbira.jeez.jp/profile/sumi/big/sumi2.jpg

http://www.mbira.jeez.jp/profile/sumi/big/sumi3.jpg

小さな写真

http://www.mbira.jeez.jp/profile/sumi/small/sumi1_s.jpg

http://www.mbira.jeez.jp/profile/sumi/small/sumi2_s.jpg

http://www.mbira.jeez.jp/profile/sumi/small/sumi3_s.jpg

 

【スミ・マズィタテグル】
愛媛県出身。18歳の時にはじめての海外旅行、タイへの1人旅を経験。それを機に海外を渡り歩き、2007年8月、飛行機をほとんど使わず陸路での世界一周を達成。この世界一周の途中、ジンバブエに住むショナ族が奏でるムビラという楽器に出会い、”生きる伝説”と呼ばれるムビラ奏者、ガリカイ・ティリコティ氏に師事する。現在、ジンバブエと日本を行き来し、日本ではもちろんの事、現地ジンバブエでもライヴやショナ民族の儀式で演奏している。

スミ・マズィタテグル(メディア、出演、講義歴)

東京新聞、静岡新聞、愛媛新聞、文化放送ガキパラ、Latina、InterFM Barakan Morning、テレビ東京-チマタの噺、ちきゅうラジオ、スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド、四国学院大学、北海道科学大学、アフリカ友の会、はこだて国際民俗芸術祭(8月予定)、peter barakan’s live magic!(10月予定)など