フォワード・クエンダについて・その3


☆フォワード・クエンダについて・その3

フォワードは、
10代なのにも関わらず、
儀式において、
最初に演奏した曲の終わりに、
人々が求めている精霊を連れてくる事が出来るムビラ奏者、
としてジンバブエで知られるようになった。

1985年、
フォワードは、独特な複雑なムビラの演奏をしはじめ、
驚いたことに、
彼の2世代、3世代上の、
ムビラの名人たちと共に演奏をする事が出来た。

そのため、
人々は、
フォワードの演奏スタイルを、
ショナ族の文化の中でも古代に演奏されていたスタイル、
と考えるようになった。

【ウィキペディアより】